イラスト・ファンタジー

スポンサーリンク

この記事は3か月前の投稿です

侍とは
侍(さむらい)は、古代から中世にかけての日本における官人の身分呼称、あるいはそこから発展的に生じた武士の別名である。「伺候(しこう)する」「従う」を意味する「さぶらう」(旧仮名遣いでは「さぶらふ」〈候ふ/侍ふ〉)に由来する。(wikiより抜粋)

ワンパンマン「アトミック侍」
画像引用:漫画「ワンパンマン」アトミック侍

侍は、西洋における騎士にあたる存在。厳密に語ると色々複雑だと思いますが、主君がいてそれに仕えるというところは同じです。
ファンタジー作品に登場する武士や侍は、西洋人視点のちょっと勘違いの入った侍像であったりもします。それが何十年に渡って続けられてきて、なんだかもうそういう職業イメージが定着しているようにも感じます。
実際に、日本人にとっても侍は遠い過去の職業で、本物の侍を知っている人も少ないでしょう。

アニメ「ルパン三世」石川五右衛門
画像引用:アニメ「ルパン三世」石川五右衛門

例えばアニメ「ルパン三世」に登場する五右衛門は、銃の弾を刀で切ることができます。アニメ的な誇張表現ですが、五右衛門を見ていると達人は本当に弾を切れそうな気がしてきます。

刀剣乱舞
画像引用:ゲーム「刀剣乱舞」

ファンタジー作品に描かれる侍にも、いくつものパターンがあります。刀剣乱舞に登場する侍は、刀がイケメンに擬人化された作品。イケメン侍というと、新撰組に始まり、漫画「るろうに剣心」などが思い浮かびます。

漫画「バガボンド」
画像引用:漫画「バガボンド」

リアル系の絵柄の漫画だと、井上雄彦さんの「バガボンド」一撃で殺してきそうな雰囲気が漂うたたずまい。本当に怖く、絵に迫力があります。こういう渋い系の表現もステキです。

映画「七人の侍」
画像引用:映画「七人の侍」

元祖侍というと黒澤明監督の「七人の侍」白黒映画で、とにかく渋い。その雰囲気を受け継いで描かれているのが、ゲーム「ウィザードリィ」シリーズで末弥 純(すえみ じゅん)さんが描く侍。そしてウィザードリィのスピンオフ的な作品、アトラス作のゲーム「BUSIN」寺田克也さんの描く侍もカッコイイんです。

イラスト 侍

皆内ひなた2018イラスト「侍」

さわやかなイケメン侍も、渋い硬派な侍も、西洋から見た不思議な侍も、なんだかみんなアリなんじゃないかと思えてくるのが侍の魅力なのかもしれません。